アンチエイジングに向いた青汁

青汁は緑葉野菜を主原料に生成される健康飲料ですが昨今その美肌や美容効果、そしてアンチエイジング作用等が注目を集めており多くの人に飲まれるようになりつつあります。


アンチエイジングに効果のある成分

青汁がアンチエイジングに効果があるとされている理由にはまずビタミンEやビタミンC、ビタミンAといったビタミンが豊富である事があげられます。例えばビタミンEには肌を紫外線から守る効果がありシミやシワの発生を防いでくれる他、ビタミンCには肌を白くする効果が、ビタミンAにはツヤとハリのある肌を保つ力があるとされています。また青汁に含まれるメラトニンには活性酸素の働きを鈍らせ酸化、つまり老化を防ぐ役割があるとされています。


大麦若葉の青汁

青汁には明日葉や前述のメラトニンが多く含まれるケールといった緑葉野菜が主な原料として利用されていますが、アンチエイジングなら何といっても大麦若葉ベースの商品が良いでしょう。大麦若葉にはSOD酵素と呼ばれる成分が含まれており、このSOD酵素は老化の原因である活性酸素の働きを抑えるだけでなく、活性酸素そのものを攻撃し数を減らす効果があるとされています。SOD酵素は元々人が持っている成分ではあるものの、通常食事から摂取できる量は限られており、唯一大麦若葉を摂取する事で一定量身体に取り入れる事が可能とされています。