錠剤青汁のメリット、デメリット

錠剤の青汁は、なんといっても場所を取らず携帯しやすいというメリットがあります。気がついたときにすぐ飲みことができますので、飲み忘れもあまりありません。冷凍の青汁では保管場所をとってしまう、味に癖がある、飲むまでに準備時間が必要といったデメリットがあり、粉末には水に溶かす手間がかかります。そういったウイークポイントを解決しているのが錠剤です。冷凍や粉末ではなかなか続けにくいといった環境の方には、錠剤が使いやすい形状でしょう。お勤めの方にも、よく選ばれています。


<錠剤のデメリット>

錠剤になっているため、吸収が遅いという欠点があります。また粉末と同様に加工途中で失われる栄養素も多く、熱に弱いビタミン類や水溶性食物繊維は特に減少します。また圧をかけることで錠剤に加工しているのか、結合剤を使って錠剤に加工しているのかによっても違います。結合剤からの影響も若干ありますので、製造方法や結合剤にも注目してみましょう。水分を吸って膨張する特性によって空腹感をなくすという、他の性質を持たせている錠剤もあります。青汁の良いところと一緒に満腹感を感じさせるという、ダイエットに有効としているものに時々見られます。