青汁を子どもが飲むときの注意

青汁を家族で楽しんでいる人も多いそうです。健康サポート食品に分類されているので、妊婦さんや子どもも楽しめるものが多く、抹茶風味で飲みやすいものが増えていると言われています。朝ごはんのときに家族みんなで飲むという家庭も増えていると言われています。


子どもが飲むときは飲みやすい味に

青汁はメーカーによって、青臭さなどが違います。また子どもは味に敏感です。そのため大人では気にならない苦みなども敏感にキャッチして、飲みにくさを感じることもあるのです。そこで、少し飲みにくいと感じた場合は、ヨーグルトドリンクやミルクで割ってあげると子供も飲みやすく楽しめるケースが多いと言われています。また、子どもは身体が小さい分、すぐにお腹を下してしまうなど、効果が出過ぎてしまうこともあります。


少しずつ飲ませるようにしよう

小学生などまだ小さい子どもであれば、あまり多い量や大人の一日分ではなく、半分くらいを少しずつ飲ませるようにしましょう。普通のお水などでも、一気に飲むことで子どもはお腹が痛くなってしまったり、おなかを一時的に下してしまったりする可能性があります。また、原材料をそのまま粉末にして飲んでいるものですから、農薬など安全なものを選んで摂取するようにしましょう。