青汁を飲む時間はいつがいいのか

飲み物や食べ物は効率的に栄養を摂取できる時間や、食べると効果的な時間があります。例えば朝はエネルギーとして使われ安いのでたくさん食べたほうがいいとか、寝る前に食べると脂肪になるといったものです。青汁は健康のために飲んでいるものできれば栄養として吸収してほしいものです。


<いつ飲むのが最適なのか>

フルーツや野菜といった青汁と栄養価が近いものがよく吸収されるのは朝だと言われています。そのため基本的には朝に飲んだほうがいいと考えられます。しかし、寝起きに青汁のような味の強く栄養価の高いものを飲むと刺激が強すぎます。体が弱い人は逆に体調を崩しかねません。そのため、朝起きて軽く何かを食べて体が目覚めた頃が良いでしょう。


<飲む時間より重要なこと>

いつ飲むかよりも大切なのは、継続して飲み続けることです。青汁は毎日飲み続けると一番効果を発揮しますし、一日だけ飲んでもとくに効果はありません。そのため、時間よりも毎日忘れずきちんと飲み続けることのほうが重要なのです。ただし、飲み過ぎは効果がない上に体調を崩す危険性があるので気をつけなければなりません。毎日決めた量を継続して飲み続けることが健康や病気の予防にもっとも効果的に繋がります。